マンションに住むメリット

マンションに住むメリット1つは部屋が暖かいことです。一戸建てと違い、両サイドに部屋があることや上下にも部屋があるために全体的に熱が逃げにくい構造になっていて、部屋が暖かいと感じます。
冬場であってもお昼だと暖房器具が無くても過ごせるぐらいです。
2つ目のメリットはセキュリティ面です。オートロックがあるマンションはもちろんですが、オートロックが無いマンションであっても、他の住民の目があるので、セキュリティ面で少し安心ができます。
3つ目のメリットは人付き合いの面です。同じマンションに住んでいると顔を合わせることも多く、何度も同じ人と顔を合わせるうちに自然と仲良くなることがあります。
4つ目はマンション自体の管理は管理会社がやってくれるので、マンション内の掃除もやってくれるし、色々な面で楽なことです。

5階建てのマンションの最上階にすんでみて

日暮里駅近くの5階建ての賃貸マンションの最上階に住んだ時、良かったことがあります。
まず、澄んだ駅自体は、周りに高い建物自体が少なかったので、自分が住んでいる部屋からは、とても景色がよかったです。また、エレベーターがついているので、引っ越しも楽だし、人数もそんなに住んでいないのでエレベーターを待つということもほとんどありませんでした。また、同じマンションでゴミ捨てが一緒だったり、すれ違ったりで挨拶したりで徐々にコミュニケーションもとるようになりました。エレベーターで一緒になるときの気まずさもなく、社交辞令程度ですが、いい距離感で生活できていたのでても心地よかったです。
あとは、駅が近いから電車のも音もきななるかなとも思いましたが、防音もしっかりしているし全く気になりませんでした。マンションならでわの強みだなあと感じました。

高齢者向けのマンションは住みやすいです。

両親は高齢になってきたので、東松山の一戸建てから庭の手入れも不要なマンションへ引っ越すことにしました。やはり戸建の場合、庭の手入れなど大変ですし、色々と面倒なこともなくマンションの管理人さんがいるので安心して暮らせます。荷物が届いても宅配ボックリがありますし、管理人さんに伝えておけば荷物を預かってくれることも可能なので、サービスが行き届いているのもかなり充実したサービスだと実感しています。両親は定期的に旅行へ出かけたり、色々と楽しんでいるので、やはりこうした高齢者向けのサービスが充実しているマンションは住みやすいですし、サポートが充実しているので便利です。介護サービスなども伝えれば色々と利用できるので、安心して暮らせます。